1. ホーム
  2. 車、バイク、自転車
  3. バイク
  4. メーター、インジケーター
  5. KDX125SR(90〜99年) テンプメーター(水温)用サーミスタ(M10×P1.25/正ネジ/150mm) DAYTONA(デイトナ)
【新品本物】 当季大流行 KDX125SR 90〜99年 テンプメーター 水温 用サーミスタ M10×P1.25 正ネジ 150mm DAYTONA デイトナ teamtalkers.com teamtalkers.com

KDX125SR(90〜99年) テンプメーター(水温)用サーミスタ(M10×P1.25/正ネジ/150mm) DAYTONA(デイトナ)

755円

KDX125SR(90〜99年) テンプメーター(水温)用サーミスタ(M10×P1.25/正ネジ/150mm) DAYTONA(デイトナ)

【適合車種】KDX125SR 【適合型式】A 【適合年式】90〜99年 【備考】※デイトナ製水温メーター(品番:46162、48710、47495)専用 【商品説明】【取り付け位置】純正センサーと交換 ●デイトナ製テンプメーター用サーミスタ(テーパーネジセンサー)の単品売り。 ※商品により使用可能なサーミスタ(設定抵抗値)が異なりますので、ご注意ください。

KDX125SR(90〜99年) テンプメーター(水温)用サーミスタ(M10×P1.25/正ネジ/150mm) DAYTONA(デイトナ)

Belca シャワーラック ビビック 幅22.6×奥行13.6×高さ50cm ホワイト バス収納 FH-313Wインプレッサ 「GTウイング ウエットカーボン」ルック 汎用 1420mm幅 3D形状ホンダ HONDA 純正 18年モデルクロスカブ50 AA06 用 ヘッドライト ステーCOMP クラシカルホワイト  補修や交換、カスタマイズに 50120K88B00Zトラック用品 金華山 ダッシュボードマット モンブランローズ 17スーパーグレート【代引き不可】KIWI キウイ 靴クリーム 2個セット 茶2個ロアボールジョイントブーツ ムーヴラテ L550S L560S 用 SSC-109 ダイハツPROGRIP(プログリップ)3205 マグネットゴーグル 178 ブラック/シルバー DAYTONA(デイトナ)高反発プロファイルマットレス 3cm ノンスプリングマットレス こう反発マットレス 高反発マットレス マットレス 高反発 シングルブーツ 紳士 メンズ レザー レースアップ EEE ショートブーツ メンズブーツ カジュアルブーツ 本革 スエード 007-505マーベル ケーブルストリッパー ストリップ適用範囲:外被覆φ4〜28mm 導体径:0.5〜5.5mm2 MC-012VSGOカメラクリーニング用品 Power-Switch レンズペン(V-P03E)パール金属 保存容器 正方形 S ミニオン WD-9502【OH済】1987年頃 ロレックス サブマリーナー【トリプルゼロ】 Ref.168000 トリチウム夜光 ヴィンテージ新富士 業務用ガスバーナー パワートーチ RZ-840+専用スタンド付きセット [ボンベ式 トーチバーナー ガスキッチンバーナー クッキングバーナー]マニー インテリア タイル 日本製 軽い 丈夫 Many マニー 陶器11cm タイル (ベアと市松)送料無料 ブラックフォーマル 4シーズン対応 4ピースセット ロングジャケット ワンピース ブラウス 7号 9号 11号 13号 15号 17号 19号 21号 [41289]トラスコ中山 標準型ポンチ 23mm TUP-23.0 [A011918]植物ライト WAKYME 1200W LED植物育成ライト 3つの照明モード 光補足 日照不足解消 フルスペクトル 植物用ライト 2つのスイSHARP[シャープ] ヘルシオ 用 調理網 3509450038

Research Institute for Sustainable Humanosphere

循環材料創成分野
梅村 研二教授

 

宇宙圏電磁環境探査分野
栗田 怜准教授

森林圏遺伝子統御分野
棟方 涼介助教

生物機能材料分野
田中 聡一助教

2020年 着任教員紹介

京大の発明

京大先生シアター

ザッツ京大、など

京都大学ウェブサイトに生存圏研究所の教員・施設・研究が紹介されています

生存圏アジアリサーチノード(ARN)

生存圏研究所は、「生存圏アジアリサーチノード (ARN)」を整備し、国際共同研究のハブ機能を強化するとともに、生存圏科学を支え発展させる国際的な人材育成を進めています。

参加学生による活動レポートはこちら

広報活動・社会連携

刊行物やビデオで研究内容をわかりやすく発信する広報活動を行っています。また、公開講演会や見学会を行うことで社会と連携する研究所を目指しています。

生存圏研究を支える組織「生存圏フォーラム」

持続的発展が可能な生存圏を構築していくため 「生存圏科学」を幅広く振興し、研究者同士の情報交換・交流や、学生の国内外での教育・啓発活動を促進しています。(会員数約750名)コラムを始めましたのでぜひご覧ください。